2011/11/20() "a place in the sun vol.14" at 渋谷O-Nest

 - Live -
   Two Buffalo Daughters (suGar & yumiko)
   Jimanica Band Set
   aMTM[aem]
   omu-tone

 - DJ -
   Ametsub (nothings66)
    (moph records)

 - Shop -
   LINUS RECORDS

 open/start 18:30/19:00
 adv./door. 2800yen(+1D)/3300yen(+1D)

※この日のイベントは所定のスペースを除き、会場内禁煙とさせて頂きます。
  喫煙は所定のスペース(5F 階段下付近)でお願いいたします。

ticket info:
 O-Nest http://shibuya-o.com/ 03-3462-4420
 チケットぴあ http://t.pia.jp/ 0570-02-9999 (P-code:154-171)
 ローソンチケット http://l-tike.com/ 0570-084-003 (L-code:77114)
 e+ http://eplus.jp/
 チケット予約フォーム
 [2011/10/20(木)より一般発売開始]

total info:
  a place in the sun http://a-place.jp/

Two Buffalo Daughters (suGar & yumiko)

Two Buffalo Daughters = suGar & yumiko from Buffalo Daughter!!

Buffalo Daughter
 シュガー吉永(g,vo,tb-303,tr-606) 大野由美子(b,vo,electronics) 山本ムーグ(turntable,vo)1993年結成。
 雑誌『米国音楽』が主催したインディー・レーベル、Cardinal Recordsより発売した『Shaggy Head Dressers』、『Amoebae Sound System』の2枚がたちまちソールドアウト。
 ルシャス・ジャクソン東京公演でメンバーに音源を渡した事がきっかけで1996年にビースティ・ボーイズが主催するレーベルGrand Royalと契約。
 同年1stアルバム『Captain Vapour Athletes』(Grand Royal/東芝EMI)を発表、アメリカ主要都市のツアーも行い、活動の場は東京から世界へ。
 1998年に発表した2ndアルバム『New Rock』(Grand Royal/東芝EMI)では、アメリカ・ツアーの車移動の際に見た同じ景色の連続とジャーマンロックの反復感にインスパイアされた内容となり、大きな反響を得て瞬く間に時代のマスターピースに。
 その後もアメリカ中を車で何周も回る長いツアー、ヨーロッパ各都市でのツアーも行い、ライブバンドとして大きな評価を得る。
 2001年『I』(Emperor Norton Records/東芝EMI)発売した後、2003年『Pshychic』、2006年『Euphorica』は共にV2 Recordsよりワールドワイド・ディールで発売される。
 2006年には、雑誌『ニューズウィーク日本版』の"世界が尊敬する日本人100人"に選ばれるなど、その動向は国内外問わず注目を集めている。
 2010年夏、自らのレーベル"Buffalo Ranch"を設立。ゲスト・ドラマーに松下敦を迎え、約4年ぶりのニューアルバム『The Weapons Of Math Destruction』を発売した。

official: http://www.buffalodaughter.com/
myspace: http://www.myspace.com/buffalodaughter

Jimanica Band Set

 1975年、東京都出身。クラシック、ジャズの膨大なコレクターである父親と、江戸小唄の師範代であった母親の元、幼少から音楽・造形に親しむ。
 武蔵野美術大学映像学科卒業後、渡米。
 その後2年間NYでドラマーとしてマンハッタン、ニュージャージーを中心にハウスバンドに在籍し、セッション、レコーディングに参加。この頃から作曲も始める。
 2000年の帰国後、ラップトップPCのみでの演奏を開始、ドラマーとしての活動のみから更にプログラミング・コンポーズへと視野を広げる。
 2005年ドラムソロ・アルバム“Entomophonic”(mao)をリリース。以降ドラム + PCでのソロライヴのスタイルを確立する傍ら、即興音楽からポップスに至までの多数アーティストと共演。
 2006年にドラマー Itokenと映像作家 山口崇司と共にd.v.dを結成、日本のみならずヨーロッパ、韓国、オーストラリアなど各地で公演を重ね、活動の場を再び海外にも広げる。
 2007年にAmetsub(PROGRESSIVE FOrM)とのデュオユニットJimanica : Ametsubを結成、ミニアルバム”Surge”をリリース。
 また、渋さ知らズの不破大輔・辰巳光英らとのエレクトロ無重力ジャムバンド The Space Baa、DE DE MOUSEやWorld’s end Girlfriend、蓮沼執太などのバンドに在籍。またアメリカ南部のカントリーブルースをベースに独自なスタイルで活動するシンガー Steve Gardner bandにも在籍、電子音楽からオーセンティック系まで幅広く活動。  近年ではフルカワミキのリミックス曲提供ややくしまるえつこのシングル曲のアレンジなど、コンポーザーとしても注目を集める。

official: http://jimanica.com/
myspace: http://www.myspace.com/jimanica

aMTM[aem]

 ミユキ.とコウダイ(ex.SUPERCAR)から成るスターゲイズド・エレクトロ・デュオ・バンド aMTM[aem]が、あの伝説のロックバンドMy Bloody Valentineのマネージャーに見出され、英レーベルRocket Girl からワールドワイドリリース。
 フィードバックギター&パワードラム&コンピューターサウンドという編成が、新たな音楽の可能性を切り拓いた、ネクスト・エイジアン・サイケデリック。

official: http://www.26666.org/
myspace: http://www.myspace.com/amofficial

omu-tone

 Chang-Nong、わかめーる、TKOの3人からなる打楽器ユニット。
 2003年の結成以来、マリンバの特徴的な音色を中心にジャンベやドラム、コンガ、ピアノなどの様々な打楽器を使い、軽やかで心地よい音作りを目指して活動を続けている。
 そのシンプルでミニマルながらも多幸感にあふれる楽曲は、コアな音楽ファンからこだわりのライフスタイルショップまで、はたまた公園や動物園の家族連れまで、多くの人々に愛されている。
 これまでにオリジナルアルバム4枚と企画盤2枚を発表。ライヴではカフェやライブハウスはもちろん、アートスペースや公園など、東京を拠点に気ままで幅広い活動を展開している。
 最新作は4thアルバム「Odorudake」(MIDI Creative)。

official: http://www.omu-tone.com/
myspace: http://www.myspace.com/omutonemusic


Ametsub

 東京を拠点に活動する音楽家。現在までに2枚のフルアルバムを発表。
 2009年にリリースし、昨今のシーンでは未だに異例のセールスを記録中、大きな話題を呼んでいる最新作"The Nothings of The North"は、坂本龍一の「2009年のベストディスク」に選出され、ドイツの老舗レーベルMille Plateauxから見事にライセンス・リリースが決定した。
 ClammbonやTujiko Noriko等のリミックスを手掛け、Vladislav DelayやFennesz、AOKI takamasa、竹村延和、Jel(Anticon.)等との共演を重ね、Ovalやraster-noton来日時のDJも務める。
 d.v.dやworld's end girlfriendなどで活躍するドラマーJimanicaとのコラボレーションも始まり、Jimanica×Ametsub としてのミニアルバムが2007年にリリース。初ライブではPARA、clammbon、toeと共演。
 また、sonarsound Tokyo、Sense Of Wonder、渚音楽祭、Summer Sonic 09などの大型フェスティバルにも出演を果たし、2009年夏にはアイスランドでのライブも敢行。
 新たに始まった音楽フェスティバル、De La Fantasiaでは、高橋幸宏や小山田圭吾(Cornelius)、Ryoji Ikeda、Carsten Nicolaiらと共演。そのライブは大きな反響を呼び、大型カウントダウンイベントへ、Mixmaster Morris やDJ Krushらと共に出演という成果を収める。
 2011年春にはスペインのLEV Festivalに出演が決定し、Apparat、Harmonic313、Photek、Johann Johannson、Jon Hopkinsらと共演。
 暗く美しい唯一無二の世界観と、壮大な情景を描写する様な音楽性はアンダーグラウンドなファンから絶大な支持を仰ぎ、エレクトロニック・ミュージックの根底から決してブレる事のない姿勢は、大きな注目を集めている。

official: http://www.drizzlecat.org
myspace: http://www.myspace.com/Ametsub3110
nothings66: http://www.nothings66.com/

DJ 蟻

 moph records主宰者のひとり。90年代中頃より大阪でDJ活動を開始。
 2001年から東京に拠点を移し、Ulrich Schnauss、i am robot and proud、Ian O’brien、Claude Young Jr.、竹村延和、dot i/o(mito from clammbon)など国内外の様々なアーティストと共演している。
 世界的にみても珍しいELECTRONICAを中心にPLAYをする数少ないDJの1人。原曲に捉われない独自の解釈でElectronicaを中心にジャンルに捉われずPLAYする。暖かさ&硬さ、柔剛織り交ぜた音の空間を作り上げ、独特の世界観を紡ぎだしていくのが特徴。
 5台以上のCDJを同時に使用し、即興パフォーマンスを行うSoniCouture LIVE DJ SETも行っており、今後の活躍が期待される。
 またmoph records A&Rとして、現在 lycoriscorisの2011/11/11デビューに尽力している。

myspace: http://www.myspace.com/sonicouture
moph records: http://www.mophrec.net/


flyer designed by & design.